お知らせ
パンがオリジナルの焼印でインスタ映え!口コミでお客さんが増えた!!

パンがオリジナルの焼印でインスタ映え!口コミでお客さんが増えた!!

今回は、たくさんのお客さんに大変ご好評を頂いている、オリジナル版をパンへ焼印した話をさせていただきます。

今まで数多くのパン屋さんにオリジナル版を作成してきた我々に、客様からお便りが届いているので、ここでご紹介したいと思います。

「焼印を押してパンが可愛くなった」
「ブランド力が上がり沢山のお客様よりおしゃれって言ってもらえた!!」
「お客さんがインスタでオシャレなパンをアップしてくれていた」
「簡単に押せ、仕上がり感もばっちり」
「焼印があるのとないので、全然お客さんの反応が違った」
「お客さんが写真を撮っていた」
「パンケーキにも焼けますか?とパンケーキ屋さんからの質問があった」

などなど、色々なお便りをいただいております。
ありがとうございます!


パンの大きさが大きさなので、オリジナル版の大きさは、大体約3cm〜4cmくらいで作成されてる方が多いです。
約3cm〜4cmくらいの大きさの版だと、150ワットの電気コテで綺麗な焼印が押せます。
(温度調節は、焼印機で自由に簡単に設定できます。)


150ワットの電気コテは場所も取らないし、準備もコンセントを繋ぐだけ。
準備はとても簡単。



上の写真はハンバーガーのバンズに焼印を押した写真ですが、この版のサイズが丁度3cm×4cmになります。

150ワットの電気コテならコンセントに繋がっているので、出来上がったパンをトレイに並べて次々と焼印を押していけます。


ガスコンロ等で直火で加熱し、焼印することもできます。
その場合は、温度調節可能なガスコンロ等で加熱しすぎないように注意して焼印して下さい。



上の写真は少し硬めのマフィンに焼印しています。
これは鉄版を直火で加熱して焼印したものです。(黒いのが鉄の版です。)
ちょっと温度が高すぎて焦げちゃいました・・・笑
やはり、直火は温度調節に若干慣れが必要ですね!

沢山の量の焼印を押す場合にはよくご利用いただいております。
鉄版なので加熱しすぎても問題ないですし。
(真鍮の場合、高温になりすぎると変形する可能性があります。)



こちらは食パンに焼印を押した写真です。
これはうまく押せたので、かなりクッキリと綺麗に焼印が押されています。

出来上がったサンドウィッチの表面にオリジナルロゴなどを焼印すると、とても個性の効いた商品になりますね。
インスタにもピッタリな商品に早変わり!


色々なアイデア、デザインの焼印でオシャレな商品をクリエイトして下さい。
そして私達に、こんなのが押せたとお便りを頂けたらうれしいです。















職人「御船尚弘」ブログ