お知らせ
生産性の向上とコストカットに繋がるオリジナル治具の製作

生産性の向上とコストカットに繋がるオリジナル治具の製作

【今日は、卓卓上活版焼印機 ホットスタンプ Proで使える便利グッズをご紹介】

とても安定して使用でき、箔押から刻印、焼印までとても好評頂き皆様にご支持頂いている「卓上活版焼印機 ホットスタンプ Pro」すが、
更に正確性、利便性をプラスするための治具をお薦めいたします。

治具とは、例えば革ベルトであったり、革小物、ウォレット、二つ折り財布、キーホルダー、特に円状の物や動物の形にカットした革等...
卓上ホットスタンプproのテーブル上でも決まった場所にセットが困難で同じ場所に刻印や名入れの場所が決め難いなどの諸問題を解決いたします。

プラス、特に箔押や焼印作業に慣れた方だけでは無く、治具をセットすれば簡単な説明で問題なくどなたでもかくじつ確実な作業が可能になります。



まず弊社の卓上活版焼印機 ホットスタンプ Proはテーブル上に約7cm強の高さ...クリアランスがあるので
その高さを利用して、かなり厚みのある治具でも装着可能になります。

よく制作依頼を承る際に、沢山の種類の商品に対しての治具制作のご依頼を受けます。
やはり、革小物と言ってもサイズの違いは沢山ありますし、厚みの違いも勿論有ります。

沢山の種類に対してはある程度同じ治具を利用できる、若しくは調整可能な形に制作することにより、なるべく簡素化して制作しております。
(勿論、ある程度のサイズ感等の類似性は必要になります。)



まずは基本ベースになるテーブルをセットします。
サイズは10cm×20cmになります。
サイズ変更も可能ですが、奥行きに関しては約20cm程度になります。
幅に関しては長くても製作可能ですが、あくまでも基本ベースのサイズは20cm×20cm程度までになります。



この様にテーブルを2段高くセットした場合は薄い物への作業に適していますし、テーブルを下げて低くセットすれば厚みのある物や
治具制作上で機構により厚くなってしまう治具等に向いております。



例えば、この写真は基本ベースの上に幅調整可能なベルト用の治具をセットしている写真になります。

ベースに載る治具には四方にダボ材が付いているのでベース台に合わせて上にセットします。



このベルト用治具ではベルト幅20mm〜35mm幅まで調整が可能です。



この写真は左右にスライドする治具をベースにセットしています。
上部の治具と下部の治具、それぞれに前後に対してのセンターのライン(卓上活版焼印機 ホットスタンプ Proの上下に可動するアルミヒーター)の
前後センターに合わせて線を記してあるので横幅の違うサイズに対応する用の治具になります。



この様に、多様な素材に対して適切な治具を作成することにより、より正確に、安定的な作業が可能になり、コスト削減にもつながります。

制作に関しては、治具制作に必要なサンプル素材をお送りいただきより、感想化して目的に的確にご使用いていただけるように制作して参ります。

その為、価格はお見積もり制作になります。
是非、ご利用いただければ幸いです。

詳細に関してはメールにてのご質問、若しくは直接技術者にお電話
下さい。

技術者 御船 070-5662-1349




 

職人「御船尚弘」ブログ